神経系の講義資料

小児PTのメモ

管理者が訳した走り書きなので、詳細については必ず原文をご参照下さい.

DMDの新たな効果判定としての6分間歩行

McDonald CM, Henricson EK ,et al; The 6-minute walk test as a new outcome measure in Duchenne muscular dystrophy. Muscle Nerve 41(4),2010,500-510

 

対象群はDMD患児、年齢中央値8歳[5-12]、対照群は健常児、年齢中央値8歳[5-12]とした.6分間歩行を測定し、1分間毎に時間を測定した.右足部外側に歩数計測計を装着した.1分毎に現在の時間と残りの時間を被験者に知らせた.その知らせがあるたびに、その場所にマーカーを設置した.途中立ち止まることや、休憩することは許可した.また転倒した場合もストップウォッチを止めることなく、転倒した時間を記録し場所もマークした.そして怪我ないことを確認して立ち上がりを介助した.実験終了後はすぐに椅子に座らせ、心拍と血圧を測定し、歩数測定器を取り外した.6分間歩行試験の信頼性を検証するために対象群に対して2回評価を実施した(再テスト).1回目の測定の1週間後に2回目の測定を行った.

1回目と2回目に高い相関(r=0.91,ICC[2,1]=0.91)を認めた.Bland Altmanのグラフでは系統誤差が小さいことが確認できた.6分歩行距離、重複歩長、ケイデンス、年齢、身長との関連性はグラフ化して結果を述べている.

 

 

必ず原文をご確認ください