神経系の講義資料

神経理学療法のメモ

管理者による論文の要約です.詳細については必ず原文をご参照下さい.

立位のためのNovel Modified Ride-On Carでにおける活動

 

Samuel W Logan, Michele A Lobo, Heather A Feldner, Melynda Schreiber, Megan MacDonald, Haylee N Winden, Tracy Stoner, James Cole Galloway
Power-Up: Exploration and Play in a Novel Modified Ride-On Car for Standing
Pediatric Physical Therapy 2017, 29 (1): 30-37

f:id:yoshida931:20170310101413p:plain 

fisher-price power wheels http://www.toysrus.com (トイザラス)

 

注)必ず原文をお読みください
この研究の目的は、身体活動と遊びに関して、健常未就学児童と1名の身体に障害をもつ児童で比較することです.未就学児童が対象.健常男児42名と障害をもつ男児1名.未就学児童の様子はビデオにて録画された.合計で教室内1637分間、体育館393分間、運動場545分間.身体に障害をもつこども (ChildA) は、ChildAは、効率的に素早く床上を動き、上下肢の交互運動もみられた.教室内では主にクラッチを使用して歩き、必要に応じて四つ這いで移動している.ChildAはfisher-price power wheelsを改良した乗りも物を(Modified Ride-On Car、以下CAR)を使用した.
体育館でのChildAは、クラッチ使用よりもCAR使用のときが1人遊びよりParallel playが多かった.運動場ではクラッチ使用しているときは座っていることがよい多くなり、走ることはより少なくなった.またクラッチ使用よりもCAR使用のときが、友達と遊ぶことが増え、先生の介入はより少なくなった.

 

(結果は必ず原文の図表を参照ください)
Table1 観察されて身体活動時間の割合.健常児群、クラッチ使用、CAR使用.
Fig3 教室、体育館、グランドで観察されたそれぞれの活動の平均時間.アスタリスクは子どもAと就学前児童とを比較して、標準偏差以上または以下の違いがあった場合.CAR使用中は身体活動としてカウントしていない.
Fig4 教室、体育館、グランドで観察された遊び方に関する平均時間の割合. アスタリスクは子どもAと就学前児童とを比較して、標準偏差以上または以下の違いがあった場合.+記号はクラッチ使用とCAR使用で10%以上差があった場合.CARは教室内では使用できなかった.

 

参考(平行遊び - Wikipedia
子供が自由に遊んでいる場面での子ども同士の社会的相互交渉を6つの分類
1) 何もしない行動(Unoccupied behavior)
2) 1人遊び(Solitary play) 
3) 傍観的行動(Onlooker behavior)
4) 平行遊び(Parallel play)
5) 連合遊び(Associative play) 
6) 協同あるいは組織的遊び(Cooperative or Organized supplementary play)