神経系の講義資料

小児PTのメモ

管理者が訳した走り書きなので、詳細については必ず原文をご参照下さい.

Mini-MACS:脳性まひ児の兆候のある4歳までのこどもたちのための手指操作能力分類システムの開発

Eliasson AC1, Ullenhag A1, Wahlström U2, Krumlinde-Sundholm L1.

Mini-MACS: development of the Manual Ability Classification System for children younger than 4 years of age with signs of cerebral palsy.

Dev Med Child Neurol. 2016 Jun 8.

 

f:id:yoshida931:20170321111230p:plain

ポスター

https://www.aacpdm.org/UserFiles/file/SP22-Eliasson.pdf

 

 

 What this paper adds

・Mini-MACSは脳性麻痺の兆候のある1歳から4歳のこどものために使用できる.

・Mini-MACSは両親やセラピストが使用する場合に妥当性と信頼性に関するエビデンスを示している.

 

Mini-MACSのレベル(原文に各レベル間の相違点まで記載があります.必ず確認ください.)

レベル1:簡単に上手に手指操作が可能である.

レベル2:ほとんどの操作が可能である.しかし質、または達成速度が遅くなる部分もある.
レベル3:操作をする場合に多くの制限がある.常に介助が必要である.
レベル4:単純な動作で、非常に限られた簡単な手指操作になる.常に介助が必要で、操作自体にも援助が必要である.
レベル5:操作できない.単純な動作も困難である.

 

両親やセラピストが4歳未満のこともたちをMini-MACSを使用して評価する場合の妥当性と信頼性について.Mini-MACSはMACSを修正してつくられたものです.このMini-MACS テスト版の内容妥当性と評定者間信頼性を調査した.61名の脳性麻痺の兆候があるこどもたちの評価を実施した.父親または母親と二名の作業療法士によって64項目が評価された.両親とOT間の結果の一致性はICCによって算出した.ICCは高い値を示した.

Table2:MACSとmini-MACSの要約


Table3:mini-MACSを使用したあとの両親とOTの感想
mini-MACSは確実に簡単に理解できたか?

    こどもたちの能力は選択したレベルに適合していたか
mini-MACSのレベル間の区別は役にたったか
mini-MACSのレベルの5段階制は採点しやすいか、困難か


Table4:ICC(2.1)の結果
参考http://yoshida931.hatenablog.com/entry/2017/01/11/193759
セラピストA vs両親
セラピストB vs 両親
セラピストA vsセラピストB Table5:


Table5:セラピストと両親のレベル一致表