神経系の講義資料

小児PTのメモ

管理者が訳した走り書きなので、詳細については必ず原文をご参照下さい.

脳性麻痺児を対象とした最大負荷テストにおける心臓自律神経の反応

Amichai T, Eylon S, Dor-Haim H, Berger I, Katz-Leurer M.

Cardiac Autonomic System Response to Submaximal Test in Children With Cerebral Palsy.

Pediatr Phys Ther. 2017 Apr;29(2):125-128. doi: 10.1097/PEP.0000000000000368.

 腕時計タイプの計測装置を使用.運動中も計測可能である.

f:id:yoshida931:20170411121948p:plain
https://www.polar.com/ja

 

トレッドミルによる最大運動負荷試験とその後の心拍と心拍変動に関する研究.対称は脳性麻痺児20人(6~11歳、GMFCS:1~3).安静座位、運動中、運動後のそれぞれ5分間測定した.結果変数は心拍数とRMSSD(連続して隣接するRR間隔の差の2乗の平均値の平方根;迷走神経緊張強度の指標)とした.反復測定による分散分析、多重比較にて検定した.心拍数はトレッドミル試験の最終ステージで安静時より増加した. RMSSDは、トレッドミル試験の最後の2分間で安静時よりも減少した.テスト前後の心拍数とRMSSDの平均値に関する有意差は認めなかった.脳性麻痺児の心臓システムは最大負荷テストに反応することが分かった.

 

TABLE1:基本情報

TABLE2:安静時の心拍数と心拍変動の値

心拍数,SDNN, RMSSD, SD1, SD2, LF/HF,

TABLE3:心拍数とRMSSDの平均値とその95%CI

安静時、運動負荷テストの最終段階、試験終了1分後、試験終了2分後

 

参考(http://www.trytech.co.jp/checkmyheart/glossary.html)

HR          5分間の全心拍数の平均値

Mean(ms)         5分間のRR間隔の平均

SDNN(ms)       5分間のRR間隔の標準偏差

RMSSD(ms)     連続して隣接するRR間隔の差の2乗の平均値の平方根であり、迷走神経緊張強度の指標

NN50      連続した隣接するRR間隔の差が50msを超える総数で、迷走神経緊張強度の指標

pNN50(%)        連続した隣接するRR間隔の差が50msを超える心拍の割合で、迷走神経緊張強度の指標

SD1        プロット散布図の縦軸方向の標準偏差

SD2        プロット散布図の横軸方向の標準偏差