神経系の講義資料

神経理学療法のメモ

管理者による論文の要約です.詳細については必ず原文をご参照下さい.

脳性麻痺をもつこどものための小児リハビリテーションサービス:既存のデータソースが教えてくれること

Gannotti ME, Bailes A, Bjornson K, OʼNeil M, Grant-Buettler M, Dusing S.

Pediatric Rehabilitation Services for Children With Cerebral Palsy: What Can Existing Data Sources Tell Us?

Pediatr Phys Ther. 2017 Apr;29(2):179-186. 

 

 

様々な障害レベルのある脳性麻痺をもつこどもたちにおけるサービス使用状況やその効果に関する情報提供は国家的優先課題である.家族、医療従事者、番組制作者、政策担当者は、臨床意思決定やサービス計画のためにこの情報を必要としている.アメリカ合衆国における脳性麻痺児に関する情報(健康、機能、福祉、ヘルスサービスの利用)を含むデータソースは、我々の情報源のプラスになるかもしれない.我々は国、州、地方から14のデータソース(TABLE2)をもとに情報を得た.情報を使用したりアクセスするには特別な事項が必要であり、そこには詳細なデータも含まれていた.現在、データは政策、医療、プログラム開発のための重要な情報として提供されている.我々は今後の情報探求に関する疑問を提示します.また理学療法や当事者に有益になると思われる要素を紹介します.理学療法レジストリが保証されます.

 

TABLE2

国家、州、地方の14のデータソースから、どのような項目がサンプリング可能であるかを調査している.